Cafe capybara


MinecraftでのMODとは

cropped-2011-09-04_12.32.48.jpg

世間でよく言われるMODは、「Modification(改造、改良のような意味)」の略であり、Mojangが提供するマインクラフト(MODなしをバニラ環境と呼ぶ)の中身を一部入れ替え、新しい機能、アイテム、モンスター、地形などを追加したり、既存の機能を改良したりするものである。

MODはMojangが制作したプログラムを解析し、改造を施すということから権利上は問題がある。Mojang側はこのMODを公式には認めていないが、何も言ってきていないので暗黙の了解として使っているのが現状だ。

現在MinecraftのMODは「Minecraft Forge」という基礎MODを使うことで、ダウンロードした各MODのファイルを特定のフォルダに移動させるだけでMODを有効にすることが出来る。

以下の説明は、その基礎MODであるMinecraft Forge及び描画改善軽量化MODのOptifine日本語チャット対応のためのMOD、MinecraftIMを導入するためのものである。

Minecraft Forge対応MODは、以下の説明による導入をする必要はない。

MODを導入する方法

minecraft.jarを編集するための準備

Minecraftというゲームは、%appdata%/.minecraft/bin/minecraft.jarというファイルを実行してプレイしている。そのため、このファイルを改造すればMODを導入することが可能である。

jar形式のファイルは、一見実行ファイル(バイナリ形式)に見えるが、実際はzipと同じただの圧縮ファイルである。

なので、通常の圧縮ファイルの作成・編集ツールを利用することで内部のファイルを閲覧することが可能。

7zfm-ja.png

圧縮ファイル編集ツールは、7-Zipなどが簡単にインストールできるため便利。

minecraft.jarを見てみる

上の7-zipをインストールした前提で先に進む。

(通常は)キーボード左下にあるWindowsキーを押しながらRキーを押すと、「ファイル名を指定して実行」というウィンドウが出るので、そこで

%appdata%/.minecraft/bin/

と入力することで、通常起動用のマインクラフト実行フォルダが参照出来る。
※一度以上マインクラフトを起動しなければフォルダが存在しない

そうするといくつかのファイルが出ると思うが、ここで念のためminecraft.jarのバックアップを取っておくことにする。minecraft.jarを選択して右クリック⇒コピー⇒フォルダ画面上で貼り付けminecraft - コピー.jarファイルが出来れば成功だ。
※バックアップがなくても、マインクラフト起動時にOption⇒Force Updateをすることで復旧が可能

7zip.png

minecraft.jarを右クリック⇒7-Zip⇒Open archiveとすることで、minecraft.jar内のファイルを閲覧出来るようになる。

基礎MOD(後述するMinecraft Forge, Optifineなど)に関しては、ここで表示されたファイルに上書きする必要がある。

Minecraft Forgeを導入する

先ほど開いたminecraft.jarの中身はそのままにして、MODであるMinecraft Forgeをダウンロードする。

ここからMinecraft Forgeの最新推奨版をダウンロード出来るので、ダウンロードする。

ダウンロードしたファイルを先ほどと同じように右クリック⇒7-Zip⇒Open archiveすることで中身が参照出来る。

7zip2.png

Ctrlキー+Aキーを押すと画像のように中のファイルがすべて選択されるので、それをそのままminecraft.jarを開いたウィンドウにドラッグ&ドロップする。

7zip3.png

画像のような確認ウィンドウが出るので、はい(Y)を押すとminecraft.jarにファイルが追加される。もうminecraftforgeのウィンドウは消してしまっても構わない。

ここで、大事なのが、minecraft.jar内にある「META-INF」というフォルダを削除することだ。

そうすることでMODが適用されるようになる。
※META-INFの削除を忘れていた場合、ロード時にDone loadingと表示されたまま先に進まなくなる

2013-03-02_20.35.37.png

これでひとまずMinecraft Forgeの導入は完了となる。導入に成功していればタイトル画面左下に画像のようなものが追加される。

Optifine、MinecraftIMを導入する

同様の方法で、PCのスペックに合わせたオプション設定が出来るようになるOptifine、チャットに日本語が使えるようになるMinecraftIMを導入していく。

やり方は全く変わらず、ここからOptifineをダウンロードし中身をminecraft.jarにコピーするだけだ。MinecraftIMはここの「MinecraftIM(日本語入力対応化MOD)」からダウンロード出来る。

ここで注意してほしいことは、MODを導入する順番である。

それぞれのMODは元々同じ機能を改造していることがあり、それが被ってしまう(競合)と、先に導入したMODが機能しなくなったり、そもそも起動しなくなってしまうことがある。

今回の3つのMODはそれぞれが競合しているため、Minecraft Forge⇒Optifine⇒MinecraftIMという順番で導入しなければ正確に動作しないのである。

添付ファイル: file7zip2.png 321件 [詳細] file7zip3.png 330件 [詳細] filecropped-2011-09-04_12.32.48.jpg 361件 [詳細] file2013-03-02_20.35.37.png 317件 [詳細] file7zip.png 322件 [詳細]